上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

奥田 英朗

ナベツネ、ホリエモン、黒木ひとみなどの実在する人物をパロディ風にアレンジして伊良部先生がからむお話が3つ。
伊良部先生シリーズの第3作はよりリアルなクランケに近づいてきました。その分違う楽しみができるようであり、限界を感じるようでもありました。抽象世界でハチャメチャに遊んでくれたほうが個人的にはうれしいのですが。
現実と近いようでもっとも遠そうな黒木ひとみの話が、著者の勝手な思い込みっぽくておもしろかったかな。

[本▼▼▼▽▽]
スポンサーサイト

2006.04.16 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/828-f72d4e58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。