上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

杉本 博司

海外で活躍するアーチストなのだそうです。写真と文章がとても美しいという話を聞いて手に取りました。
日本の史跡、歴史、仏像、芸能、美術などを客観的に、それも冷静に評論しているところがすばらしいということなのかと思います。日本しか知らない人が日本の文化を従来の受け売りで評論しているのとは一味違うということなのでしょう。自分の中で昇華し、独自の視点から語る美しさを感じます。
私の日本の文化伝統に対する知識が少なすぎることもあり、この本のすばらしさを語ることができないのが口惜しいところ。いずれ、著者の目を通したものの美しさに共感できるようになりたいと思います。
今のところそんな憧れを感じるまででその先を語ることはできず仕舞い。いつか日本の美を自分の人生を通して語れるようになったときに再読したいと思います。

[本▼▼▼▼▽]
スポンサーサイト

2006.03.25 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/826-a44cb8dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。