上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

フェデリコ・フェリーニ

雑誌記者のマルチェロのローマでの奔放な生活を通して、退廃した上流社会を描く。キリスト像の空輸にはじまって、富豪の娘との一夜、ハリウッド・スターとの戯れ、聖母マリアの事件、知人の自殺と狂乱のパーティー。堕落と熱狂が渦巻く世界が”甘い”という言葉で言い表されているようです。
ストーリーもさることながら、なんといってもフェリーニの映像とニーノロータの音楽の完成度の高さに目を見張る作品です。フェリーニ美学の頂点のひとつとなる作品といっていいのではないでしょうか。

[映画▼▼▼▼▽大盛]
スポンサーサイト

2006.03.22 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/824-95964548

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。