上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

東横インはよく利用しました。一般ビジネスマンに向けてのサービスとコストパフォーマンスは抜きん出ていたいたように思います。
顧客ニーズを吸い上げる力に共感し、あえて宿泊先として選択していたところもあるぐらいでした。
ところが、先日のあの社長の発言。もう、これ以上の記者会見は見られないだろうというほどの無反省。笑っちゃいました。
でも一方で感じるのは、社会福祉に対してどれだけの人が意識しているのかということ。法律に引っかかった人の姿勢を揶揄することは簡単ですが、自らの身を振り返って考えることが多いように思います。自らの認識のなさぶりをあらためて恥じる思いです。
点字ブロックの排除を言う前に、点字ブロックの上に自転車を止めたことはないか、そんなことを意識したことがあるかと。少なくとも、電車の携帯禁止席で携帯を使ったことにある人に東横インを批判することはできないですよね。
東横インの社長の発言は現代社会全体の実態を映す鏡なのだと思います。テレビ、雑誌などでスケープゴードのような論評を見るにつけ考えさせられてしまいます。
本当の反省をしない社会にならないようにしたいものです。他者に対してクリティカルである前に自己に対してクリティカルであろうと思います。
スポンサーサイト

2006.02.04 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/789-73821896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。