上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

松本 健一

日本の近代史と文学に興味を持つものにとってひきつけられるタイトルです。二・二六事件と北一輝と三島由紀夫と天皇の関連に着目した一冊です。自衛隊市谷駐屯地で割腹自殺を遂げた三島由紀夫と青年将校による二・二六事件にどういう関連を読み取れるのかとても興味深く読みました。最近の日本のナショナリズムを考える上でも多少参考になりました。
それぞれの国を憂う気持や欲情がどうして生まれ、どうして絶たれたのか、当然本人にしかわからないところもありますが、その気持ちを垣間見ることはできたような気がします。いままで、理解しようとさえしていなかった世界が、ほんの少し開かれたような気持ちです。
二・二六事件の思想的な指導者であったといわれ、『日本改造法案大綱』を著し天皇に対峙し国民主体の天皇なろうとした北一輝、北に師事し「昭和維新」「尊皇討奸」を掲げ正義の決起を行った青年将校たち、時代を経たのちに美しき天皇制にロマンを見出した三島幸雄、アマテラスを最高神とする天皇制に対しスサノオの封印を問題視した出口王任三郎。
それぞれの近いようで遠い思想と結末がまるで複雑な心理ドラマでも見ているようでとても興味深く読みました。「天皇」を機関ととらえ賛美することなく銃殺されたもの、天皇万歳を唱え処刑されたもの、防共の方策として美化し割腹自殺したもの、それぞれの思いはいかほどのものだったのだろうかと考えると、その歴史と思想にロマンさえも感じさせられます。
なかでも、出口王任三郎と三島に共通する皇族(有栖川宮熾仁)の血を引くという伝説と、現在の天皇の位置づけに酷似し現行憲法に近いとされる北による天皇定義などもなかなか興味深く読みました。また、青年将校を「反乱軍」と断じた昭和天皇の人間くさい言行なども、単なる象徴ではない治世者としての俗人的なリアリティを感じさせられ驚きました。
ここに書かれているすべてが正しい認識かどうかは素人にはわかりかめるところもありますが、ひとつの見方としての学術的な価値は高いと感じます。それぞれにとっての天皇というものへの思慕と現実の痛ましさに心打たれる思いです。今の日本が北一輝の画いていた世界に近づきつつあるように感じるのは考えすぎなのでしょうか。国家の条件としての武装の問題にあらためて思いが至ります。
『金閣寺』で文学の頂点を極めたという三島由紀夫のもうひとつの頂点『憂国』もとても気になる一冊になりました。彼の美意識の到達点であったのではないかと。彼のたどり着いた先を知るためにもいずれ読んでみたいと思います。

[本▼▼▼▼▽大盛]
スポンサーサイト

2006.02.04 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/783-2ba71c67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。