上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

ロバート・ゼメキス

クリスマスの夜11時55分に家の前に突然現れた急行「北極号」。サンタのことを疑いはじめていた少年は、そんなことも忘れ思わず飛び乗ってしまう。ほんの少しの期待を込めて。

ロード・オブ・ザ・リング」で使用されたモーション・キャプチャーをアレンジした「パフォーマンス・キャプチャー」を使用して原画の味をだしたという作品。原画を見たことがないので、なんともいえないのですが、なんとなく想像ができます。
クリスマスの日に見るにはなかなかよい映画だと思います。たぶん絵本で読むともっと幻想的なのではないでしょうか。とくに前半は夢の世界に誘われていくようで子供時代に戻ったようです。ちょっした冒険風味もあり、結構引き込まれてしまいました。中盤はちょっと言い訳がましく説明的なところが気になりますが、エンディングのクリスマス王道的な終わり方でぎりぎり合格というところかな。
トム・ハンクス車掌の声の演技は、アニメを実写の映画の味わいに近づけていておもしろかったです。これも役者の技量としてのすごさでしょうか。

[映画▼▼▼▽▽大盛]
スポンサーサイト

2005.12.23 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/748-b2429e1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。