FC2ブログ
amazonへ

アリステア・マクラウド

現代から回想している分だけ、前2作の短編集より読みやすくなっています。
ただその分、密度は薄められぎみな印象も。
個人的には前作の『冬の犬』が一番好きかな。
スコットランドとカナダの歴史に詳しいと、背景も理解できてさらに楽しめるのかもしれません。
タイトルにもなっている「No great mischief if they fall(彼らが倒れても、たいした損失ではない)」は、ジェームズ・ウルフが「アブラハム平原の戦い」で、かつての敵ハイランダー(スコットランドの高地人)を味方につけフランスに勝利したときに、ハイランダーに対して感じていた思いだそうです。

主人公アレクザンダー・マクドナルドのルーツは、祖父の祖父にあたるキャラム・ルーアとキャサリン・マクファーソン夫婦のカナダへの移住に始まります。
クロウン・キャラム・ルーア(赤毛のキャラムの子供たち)と呼ばれ、200年にわたり広がった子孫と彼ら一族のかたい絆。
6代目にあたる主人公が、スコットランド時代から営々と培われてきた血の繋がりを、現在と過去を行き来しながら語っていきます。
信じ合い、助け合い、そして種族として生き続けること、それこそがこの小説の言いあらわしていることのようです。
「血は水よりも濃し」ですね。
それにしても、ケート・ブレトン島に移民する船を、泳ぎながら追った犬の描写はあまりに美しい。
まさに、この本のテーマでもある、ひたむきに生き、種のための命を全うするかのようです。
いつもながら感じるのは、自然の一部として人の死をこれほど純粋に書けることのすごさ。

今夜は、ハイランドモルトのグレンモーレッジのグラスを傾けながら静かに夜を過ごすことにしよう。

クレスト・ブック
スポンサーサイト



2005.05.04 | 本  | トラックバック(1) | コメント(4) |

「最近、新潮クレスト読んでないなあ。
あっ!そういえばほしい本があったんだ」と
この記事を拝見して思い出しました。
ずっと在庫はないし中古もないしで
さがし続けていた『ホワイト・ティース』
今、見たらAmazonに中古があっておかげで
手に入れることができました。
uotaさん、思い出させてくれてありがとうございます。
アリステア・マクラウドも気になっています。

>ハイランドモルトのグレンモーレッジのグラスを傾けながら
静かに夜を過ごす
いいですねえ。
本を読みながら飲むのなら断然、スコッチが
絵になりますよね♪

2005.05.07 09:20 URL | LIN #ogz9v/Dw [ 編集 ]

あっ、ゼイディー・スミス。
すごい評判になった本ですね。
『直筆商の哀しみ』もかなりよかったです。
今、amazonを見たら『ホワイト・ティース』690円!
LINさんにつられて買ってしまいました(笑

とくにアリステア・マクラウドの小説は、ハイランドモルトが似合いますよ。

2005.05.07 09:21 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]

こんにちは。はじめまして
TB&コメントどうもありがとうございます。

海外小説はずっと読まず嫌いで、古典を少しくらいしか読んだことがなかったのです。最近クレストブックを手にして、どうしてもっと早く読んでなかったのか後悔しています。
「冬の犬」も絶対読みます。図書館でかりようとおもって探したら既にかりられていました・・・グフ とりあえずクレストブックは読破したいですね。

2005.07.03 15:33 URL | moji茶 #JuqBIOd2 [ 編集 ]

クレストを読むときっと海外文学好きになると思います(^。^)
ほんとうに良い本がそろってるんですよ。
私の場合、図書館で読んで、いいものはamazonのマーケットプレイスで買うというパターンです。
『彼方なる歌に耳を澄ませよ』もそうやって手に入れました。
ところが、『冬の犬』だけは、マーケットプレイスにも安価なものがなかなかでないんです。
きっと読んで手元に残したい人が多いのだと思います。
これからもクレスト・シリーズに期待しましょう!

2005.07.03 16:06 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/7-bc72dd4e

「彼方なる歌に耳を澄ませよ」
新潮クレスト・ブックス彼方なる歌に耳を澄ませよアリステア・マクラウド 中野 恵津...

2005.07.03 15:27 | moji茶図書館