上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

マリオ・モニチェリ、フェデリコ・フェリーニ
ルキノ・ビスコンティ、ビットリオ・デ・シーカ

ボッカチオのデカメロンのテイストをイタリアの巨匠が映画にしたらという設定でつくられたオムニバス映画です。
62年当時に70年を想定してみてつくったという、現在から見ると過去のような未来のようななんとも奇妙な想定。
大好きなデカメロン風味に加えて、ほんの少しずれた70年代の感じがなかなか楽しめました。
1話、2話での音楽もレトロポップでなかなかいい感じ。
これを観て、もう一度フェリーニを見直してみようかという気になりました。
スポンサーサイト

2005.05.21 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/65-3db2283d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。