上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

<br />クリックで拡大表示

♪ライカM6TTLのシャッター
 ↑クリックで音声再生します。
    MP3 540KB 44.1KHz 64Kbps 3 minutes
    by Roland EDIROL R-1 & audio-technica AT9440

写真を撮る楽しみは、”瞬間の光”を切り取ること。
よく言われる”光の芸術”だと思う。
ある時間の空気を切り取るという感覚もある。
写る実態そのものよりも、光が演出した空間世界ととらえたときに芸術が生まれる。
そこには必ずなんらかの事実がある。
事実は時間と同義かもしれない。
光と時間を頃合を見計らってうまくまぜあわせるとおいしい写真ができるのだろう。

だから、カメラにはできる限り邪魔をしないでほしい。
レンズは個性を持たず本当に透明であってほしいし、シャッター音やフィルムを巻き上げる音も確認できる最低限のものであってほしい。
モーター音などもってのほか。

でも、そんなことを感じさせる写真を撮れる日ははてしなく遠い。
素人のたわごとなのです。
スポンサーサイト

2005.11.03 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/628-3f3e6f87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。