FC2ブログ
天国はまだ遠く

瀬尾まいこ

主人公の山田千鶴は、誰も知らない日本海に面する村に一人やってきた。
日々の仕事で何もできない自分から逃げ出すために。
北の端という行き先に対して、タクシーのおじさんに案内されたのは木屋谷という小さな村にある民宿。
民宿は、田村さんという男性がひとり住むだけで、宿泊客すらめったに来ないようなところ。
ここでの彼女の癒されていく生活が描かれます。

疲れたときには忙殺された生活から少し離れてみることが大切なんでしょうね。
ただし、ほんとうの癒しは自分の気持ちの持ちようということを言われているような気がしました。
なにはともあれ、ゆったりのんびり好きなことに目を向けて生活するのが一番。
仕事に疲れた人の気分転換によい作品ですね。
それは自分のことか(笑)
ちょっとした田舎旅行の気分も楽しめます。
スポンサーサイト



2004.07.25 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/587-76a15f2d