上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

アレハンドロ・アメナーバル

青年時代の海水浴で海に飛び込み、脊椎損傷で四肢が麻痺したラモン(ハビエル・バルデム)が主人公。彼には死を選択する自由さえもない。20年以上にわたり兄の家族に面倒を見てもらっているが、その希望のない寝たきりの生活に見切りをつけたいと願っている。ところが法律の壁は厚く、それを認めてもらう法改正を司法に対し挑む。

こういう書き方をすると、硬派の社会派映画という印象になるかもしれませんが、尊厳死というテーマをあるときはロマンチックに、あるときは叙情的、あるときはユーモアいっぱいに描いて見せます。
陰鬱なところはほとんどなく、とても美しい映画というイメージが強く印象として残ります。
ラモンに関わる人たちの思いはそれぞれで、尊厳死を手伝おうとする人から、何が何でも死なせやしないという人までさまざま。
映画の中で語られることばのひとつひとつが、心を捉えてなかなかはなしてくれません。
とにかく、それぞれの置かれた立場が痛いほど感じられ、そのいずれの気持ちも正しく思えてしまいます。
出演者たちも最高で、瞬間瞬間の演技や表情がこんなにも語りかけるものかと感慨深く見ました。
誰一人として演技に無駄がなく研ぎ澄まされています。
あえて誰かを選べといわれれば、ハビ(タマル・ノバス)とロサ(ロラ・ドゥエニャス)のような無垢な感じのキャラクターが好きでしょうか。
でも、私が一番近いだろうなと思うのは、おじさんかおばさんかな。
自分という一人の人間の中で異なる気持ちが葛藤し続け、最後まで明確な答えをもてないままにエンドロールを眺めていました。
この映画自体は、ひとつの結論を出しているのですが、人が生き死ぬということだけをこれだけ豊かに感じさせてくれる映画はなかなかないと思います。
自分が生きるという行為、家族や友達と生きるという行為を、これほどまでに前向きに考えたこと自体が自分にとっての驚きでした。
生きるってことは理屈で語れるようなものではないですね。
愛ということばでさえも表現しきれないような人知を超えた深い世界です。
イタリア映画の『息子の生活』をより多くの登場人物と濃密な脚本で見せられたような感じです。
最優秀脚本、全員主演賞、最優秀音楽賞といっていいような作品でした。
事実を扱った映画ですが、事実さえも凌駕してしまう傑作だと思います。
というわけで、同じ尊厳死を扱った『ミリオンダラー・ベイビー』よりもこちらのほうを高く評価させていただきました。

[本▼▼▼▼▼]
スポンサーサイト

2005.10.17 | 映画 | トラックバック(3) | コメント(2) |

検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

>生きるってことは理屈で語れるようなものではないですね。愛ということばでさえも表現しきれないような人知を超えた深い世界です。

この映画の主題もかくも簡潔にまとめてくれた貴方は賢明な方です。深く感じ入りました。
ということで、是非、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)

2005.10.28 02:41 URL | カゴメ #- [ 編集 ]

カゴメさん、おほめの言葉をいただき恐縮です。
この映画を見て、「人生」だ「愛」だ「死」といった言葉が陳腐に感じてしまいました。
描かれているのは、もっともっと本質的で深いものですね。
おそらくそれは誰にも説明のできないもの。
神も遺伝子も宇宙も飲み込んでしまいそうです。

2005.10.29 09:25 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/569-8b17d3e4

★「海を飛ぶ夢」、死と希望への飛翔!?★
「海を飛ぶ夢」 (2004) スペイン・フランス・イタリアMAR ADENTRO MARE DENTROTHE SEA INSIDE監督:アレハンドロ・アメナーバル製作総指揮:アレハンドロ・アメナーバルフェルナンド・ボバイラ脚本:アレハンドロ・アメナーバルマテオ・ヒル撮影:ハビエル・アギーレ....

2005.10.28 02:49 | ★☆カゴメのシネマ洞☆★

「海を飛ぶ夢」
「海を飛ぶ夢」 ★★★★The Sea Inside(2004年スペイン)監督:アレッハンドロ・アメナバールキャスト:ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リヴェラ 、 セルソ・ブガーリョ、クララ・セグラ、ホアン・ダルマウ

2005.11.14 08:22 | NUMB

ハビエル・バルデム
1969年3月1日 - )はスペイン・カナリア諸島出身の俳優である。祖父母の代から俳優の芸能一家に生まれる。6歳でデビューし、テレビなどに出演するようになるが、一方でラグビーのナショナル・チームに参加するなど、スポーツ選手として

2007.10.13 09:43 | ゆいのblog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。