FC2ブログ
まぼろしー

データ

フランソワ・オゾン

フランソワ・オゾン監督の旧作。
マリーは南仏へバカンスに行って海辺で夫を見失う。
溺死と思われたが、遺体は上がらず真相はわからないまま。
死を信じられないままに、夫ジャンの亡霊を見る生活がつづく。
自殺なのか、それとも失踪か...

これはもう、シャーロット・ランプリングの演技だけで見せる作品ですね。
決して好きなタイプの女優さんでもないのですが、夫を亡くした喪失感をみごとに演じていました。
なかなか、大人向きの味わい深い作品です。
スポンサーサイト



2005.01.29 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/54-538a928c