上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新しい本との出会い方は人それぞれだろうと思いますが、私の場合は書店でみつけるということがほとんどなく、たいがい何らかの書評に頼っています。
一人の作家が常に同じレベルの作品を出せると思わないので同じ作家に入れ込むことがないし、それ以上に新しい世界を少しでも多く知りたいという欲求が強いのだと思います。
さらに言えば、書店の在庫はあまりあてにならないとも思っているのがよくない。
その上、読まずしていい本を見極める能力など自分にはないときたもんだ、ハハハ。
そんなわけで、NHKの『週間ブックレビュー』は毎週見逃せない番組のひとつとなっています。

『週間ブックレビュー』も週により当たりハズレがあるのですが、今日の番組は今年一番の収穫と思えるほど面白く見ました。
もちろん個人的な嗜好なので、誰にでもそうかというのは別の話ですが。
ゲストは、エッセイストの吉本由美、詩人の蜂飼耳、小説家の森絵都さん。
いずれもどんな本を薦めるのか聞いてみたい人ばかり。
後者の二人のほうは注目している作家なので、なおさら興味がありました。
その上、特集が町田康の『告白』となると見ないわけにはいきません。

結果は期待に違わず、ポール・オースターや橋本治の新作、『アメリ』にも使われたミヒャエル・ゾーバの画集などなど、一刻も早く手にしたいものばかりでした。
『告白』も大作なのでちょっと躊躇していましたが、改めて読んでみたくなりました。
すぐに図書館のデータベースに検索をかけて予約してしまいました。
いずれも予約が少なかったので、1、2週間もすれば最寄の図書館に届くことになりそうです。
楽しみなような大変なような。
1番組を見ただけで5~6冊も予約をすると1日で1~2冊を読みこなさないととても追いつかない。
もっと簡単に好きな本を楽しめるといいのですが。
こればかりは、なかなかないでですね。
スポンサーサイト

2005.08.28 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) |

こんにちは。
「週間ブックレビュー」という番組はいつ放送されているのですか?
町田康の『告白』の特集は見たかった(聞きたかった?)です。どんなことを言っていたのか。
この本はすごいです。といってもまだのこり1/4ほど残っていて最後まで読んでいないのに無責任ですけど。
主人公の内面の描写・葛藤と現実の行動・言動とのギャップや作品全体の語り口というか雰囲気もいいです。
これからがクライマックスだというのに、いろいろ事情があって読み進められていません。
uotaさんの感想を読むのを楽しみにしています。

それにしてもuotaさんて読むのが速いですね。
速読ができるのですか?

2005.08.28 09:26 URL | junike #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
「週間ブックレビュー」はBS2で日曜日の朝8時から放送されています。
深夜に再放送もあります。

『告白』人はどうして殺人をしてしまうのかを自由な小説として考えてみたかったとのことです。
町田さんは落語が好きで、悲惨と滑稽は表裏一体だというようなことも言ってました。
『告白』の構想は前からあったそうですが、『浄土』と同じころに同じような気分のときに書いたらしいです。
人がとんでもなく切迫したときの感覚を主人公になりきりながら考えたとも言っていました。
決して言いたくないことを最後に告白するとき人は何を言うかということが最終的なテーマだったようですね。

残念ながら速読の技術はもってないですよ。
ただ、効率よくたくさんの本を読む工夫はあれこれしてます。
これはまた改めてエントリーとして書きますね。

2005.08.28 22:42 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/474-d192bb20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。