上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

駒大苫小牧の野球部部長が部員に暴力をふるった話題が大きな問題になっている。
私の周りでは、あの程度の暴力なんてどこにでもあるという意見が圧倒的に多い。
あんなもの暴力のうちに入らないという話しになる。
私自身も無用な暴力には当然反対だけど、無菌のような状態で暮らすこともどうかと思う。
理不尽なことなど社会に出ればいくらでもある。
この程度の些細なことに目くじらを立てる社会で育った人間にほんとうに人を愛することなどできるのだろうか。
実際自分自身をふりかえってみると、子供のころにいじめられたこともあるし、先生の多少の体罰に対して文句をいう親なんていなかった。
さらに言えば、会社に入って上司に殴られたことも、部下を殴った経験さえもある。
その後両者の関係がおかしくなったいえば逆で、心がより強くつながっているし、暴力をふるう側、ふるわれる側の気持ちもよくわかる。
それぞれの痛みもわかるので、それなりの自制心もある。
でも今回の件に照らせば、いずれも許されないことばかりということになるだろうと思う。
今回のような極端な見方が、人の命を平気で奪ったり、社会の矛盾に簡単に折れたり、自分中心であったりする人を育てる社会の病巣となってしまわなければいいと思う。
あまりの極端な論調に違和感を感じたので、あえて異論を唱えてみました。
こんなことを執念深くニュースにするぐらいならもっと考えることがあると思うんですが。
これが優勝高の話題じゃなければ、絶対ニュースになんてなりませんから、テレビで大きく扱われたことで論点を見誤らないようにしたいものです。
スポンサーサイト

2005.08.28 | 雑感 | トラックバック(3) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/468-2c586902

小ネタをいくつか 郵政民営化撤回?
小泉総理は今回の衆議院解散の際に自らをガリレオ・ガリレイに例えましたが、ガリレオ研究者が苦言を呈しているそうです。天動説が常識だった16~17世紀に、地動説を唱えたイタリアの物理学者であったガリレイは宗教裁判にかけられ、「それでも地球は動く」と叫んだ....

2005.08.28 07:45 | 社長の本音日記

選手責任問わず、優勝取り消しなし
高野連は駒大苫小牧高校の優勝取り消しのなどの処分は一切しないことに決めた。この第一報を聞いて訴えたオヤジはこう感想を漏らした。「罪のない選手に迷惑をかけるのではないか、と心配していたがホッとした」これを聞いて「おいおい」と思わず突っ込みを入れたくなる。お

2005.08.28 09:47 | かきなぐりプレス

駒大苫小牧の問題はどこにでも起こりうる問題
もう、これで落ち着いてきた感じ。物議を醸した、駒大苫小牧高校における暴力問題。今回の件を振り返って考えてみたい。この件は、駒大苫小牧高校が”甲子園へ出場し優勝という結果を出した”ことでより大きな問題へとなってしまった。優勝を勝ち取ってきた選手たち。今回の

2005.08.29 23:53 | Speed hour

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。