上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

郵政法案に反対した議員に刺客まで現れる政治劇となっている衆議院選挙。
今回の解散でも思うのは、小泉総理の派閥解体路線。
橋本派のときも思いましたが、今回は亀井派が標的に置き換わったという感じもします。
一見、郵政の改革が論点になっているように見えますが、利権まみれの政治家とそれをいいことに安泰を決め込む官僚へのカウンターパンチというところでしょうか。
現に小泉改革は、国債発行抑制にしても、道路公団、拉致問題、年金問題にしてもさほどの成果をあげていないのも現実です。
成果と改革のいずれを取るかと問われれば、いまだ改革、それも政治構造改革を優先し成果はその次というところでしょうか。
いずれ小泉総理のもとで改革が起こるかと聞かれれば起きないような気もします。
小泉政権は派閥と官僚の旧態依然の構造をぶち壊すことだけと使命としていると見るべきではないでしょうか。
もちろん本人の本意とするところではないでしょうが、人にはそれぞれ役割というものがありますからね。
ここはひとつ、腐敗政治解体に命知らずの一匹狼の本領発揮を期待したいところです。
民主党はと言えばこちらも旧態依然の派閥構造が見え隠れしている状況で、まだ自民党の派閥解体路線のほうがまともかもしれません。
2大政党政治を期待するなんて言われているうちに、自民党の民主路線の名のもとの一党独裁のほうが間近に迫ってきているような気もします。
そうなると考えるべきは、議員個人の政治信条や政策を吟味する目を有権者が養う必要があるということでしょうか。
政党の名前で投票し、議員を選ぶ権利を半ば放棄していた状態から一度抜け出す必要があると思います。
今回の自民党の分裂自体が、有権者の政党を見る目を改めるいい機会にもなるのかもしれません。
小泉総理と命運を共にするにしろ、民主党に賭けてみるにしろ、政党と派閥を超えた政策論議に論点を絞り議員を見極めたいものです。
郵貯の問題が象徴する意味、それ以外の政治課題、今後の日本を占う課題が山積する選挙の一票を大切にしたいですね。
決して郵貯法案だけの国民投票をしているわけでもないので。
小選挙区や比例代表にしても大政党が優位に感じるのは否めないところです。
ほんとうに民主的な政治改革は緒に就いたばかりかもしれません。

この際、衆議院選挙の仕組みも整理したいという方は、こちらのページがわかりやすいみたいです。
スポンサーサイト

2005.09.04 | 雑感 | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/466-48ca4b51

小泉学校(拝啓 偉大なる将軍様)
 自民党は、新人議員に対する教育を、従来は各派閥ごとに行なっていたのを、党が一本化してやるそうな。いわゆる「小泉学校」というやつですな。 小泉首相は派閥(特に、かつて自分をいじめた橋本派)を壊す方針ですので、それを新人のうちから徹底させるというのもむベ...

2005.09.21 12:56 | 乳頭おじさんのニュース解説

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。