FC2ブログ
amazonへ

データ

ピーター=リム・デ・クローン

フェルメールはもとよりモンドリアンにまで光の芸術を見出すという。
光は円形に拡散するが、そのためには時間を要する

光にまつわるドキュメンタリー映画。
オランダのエイセル湖の定点で1年追う。
色は光の反射の仕方ということを考えれば、人の目に映るすべては光のなせる業。

ドイツの現代芸術家J.ボイスは、「オランダの光」が、前世紀半ばに本来の透明感を失ったという。
エイセル湖の干拓が、多くの人が特別だとするオランダの光を変えたのだと。
空気中の水蒸気とエイセル湖の反射、何もさえぎらない水平線が特別な光をつくるのだろうか、そしてその光は昔の輝きを失ってしまっただろうか。
それは科学的に証明されるものではなく、人々の感覚のみがとらえているもの。

光の見え方は環境によってどれほどちがうものなのだろう。
その違いを実感できれば旅もきっと楽しいものになる。
光の芸術と言われる写真でそれを取り込めればなお楽しいと思う。

知的で芸術的な高揚を得られるドキュメンターリー映画でした。
とくにオランダ絵画やカメラに興味のある人におすすめです。
スポンサーサイト



2005.07.18 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/313-49c093b8