上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

いよいよスターウォーズ公開。
だがしかし、あの映画はなぜにあれほどヒットするのか、いまだわからない。
もともと映画は何でも見るほうなので、よほどじゃなければ後味が悪いということはないのだけど、スターウォーズだけは別。
いままで何度も見かけては途中でやめている。
そう、まともに最後まで行ったためしがない。
たしかに1作目はそれなりに見所はあったように思う。
でも、それも広大な宇宙での戦闘と魅力的な機械まわりの造作あたり。
と言っても、R2D2は『宇宙家族ロビンソン』に出ていたロボット・フライデーのようだったし、C-3POは『メトロポリス』のロボットを思い出させた。
乗り物のデザインはよかったかな。
近作は、妙な宇宙人のオンパレードとその意味不明なリアリティに食傷ぎみだし、役者の演技にもストーリーにも感じるところは少ない。
もうひとつの長寿SFスタートレックのほうが膚に合うのはなぜでしょう。
こんなことを書くとファンの方からいろいろつっこまれそうですが、放映するたびに見ている、スターウォーズ好きになってみたい症候群なのであります。
スポンサーサイト

2005.07.10 | 雑感 | トラックバック(2) | コメント(2) |

こんばんは。
私もスターウォーズの面白さが全く分からない人間の一人です。同じジョージ・ルーカスでも「イウォーク・アドベンチャー」とか「ウィロー」なんかは、とても面白く楽しめたので、これはスターウォーズ特有のことだと思われます。
ひょっとするとスターウォーズは、R2D2とC3POが日本映画の登場人物のパロディだったりするように、全てが「記号」として描かれているのかもしれませんね。あるいは、ジョージ・ルーカスはスターウォーズを通して、単純に「神話」を作りたかっただけなのかもしれません。
反対にスタートレックは、コンテンツそのものを追求して作られているので、プロットや発想の一つ一つにいちいち感心させられます。この違いは何なんでしょうか・・?

2005.07.11 23:56 URL | youthkee #zlAQJbYM [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
youthkeeさんもスタートレック派ですか。
仲間がいそうな気はしていたのですが、こういうコメントをいただくとなんだかうれしいですね。
ほんとこの違いは何でしょうね。
「記号」とか「神話」なのだとしたらそこをわからないとだめなのかなぁ。
もしかしたら、スターウォーズはイベントやお祭りみたいなものなのかもしれないと思うこともありますが(笑)
両者の違いは、見る人の生き方や考え方の違いのような根本的な嗜好かもしれないと思ったりも。
依然、謎ですね。

2005.07.12 20:08 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/298-e1ff37a8

スター・ウオーズ
親父が映画館を経営していた昔、私の少年時代は映画を浴びるほど見た。高校を卒業して上京、映画看板修行時代は、毎週映画を見ていた。日本映画も洋画も面白い作品が多かった。当時は話題の映画の話が人と人との間を結ぶ共通言語のような役目を果たしていたいい時代だった。

2005.07.17 09:05 | MOONの似顔絵エッセイ

エルヴィス・プレスリー
エルヴィス・プレスリーほどロックの歴史に大きな影響を与えた白人アーティストは、かつていただろうか。彼はロックという新しい音楽の歴史を切り開いただけでなく、1950年代のアメリカ文化を根本的に変える重要な役割を果たした。だからこそ、彼は死んでなおアメリカ文

2005.07.22 10:05 | MOONの似顔絵エッセイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。