FC2ブログ
amazonへ

乃南 アサ

乃南って「のなみ」って読むんですね。
そんなことも知らず読み始めました。

途中まではなんだかつくりすぎだなぁと思いながら読んでいたのですが、後半にはいってから一気にもやもやした気分が吹き飛びました。

家庭に恵まれない不良少年が犯罪を犯し、逃避行に出る話なのですが、少年の心の変化がなかなか上手に書かれています。
みんながこういう風になればいいのだろうと思わせられます。
相手の気持ちを推し量る力って大切ですね。
今の世の中に足りないものもいろいろと感じました。

読みやすい話ですが、少年犯罪が多発する時代をあらためて考えさせられるいい本でした。

スポンサーサイト



2005.06.27 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/270-d94253ca