上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

CODE46

データ

マイケル・ウィンターボトム

管理された都市部。そこから移動するためにはパペルと呼ばれる滞在許可証が求められる。
肉体的に多くの条件が求められるパペルを手に入れるのはたやすいことではない。
あるとき、このパペルの偽造が発覚する。
特殊な能力を持つウィリアムは調査に入ったスフィンクス社で相手の心を読む。
そして、捜査を進めるうちにマリアという女性に出会うことに...

舞台は近未来の上海らいいけど撮影は香港。
とくに近未来らしいセットや特撮が用意されているわけではないのだけれど、香港の街は十分に近未来的。
マイケル・ウィンターボトム監督の撮り方がうまいのかクールな映像は秀逸です。
細部について難癖をつけようと思えばいくらでも思い当たるものはあるけど、そんなものはまったく気にならないほどクール。
同じ遺伝子を持つものが結婚してはならないというCODE46という条例もなかなかおもしろい。
最近考えることの多い、唯一人間の存在を意味づける「記憶」が遺伝子やクローンの問題とうまくつなげられていて、ここだけでも十分楽しめました。
どことなく「ソラリス」に似たような味わいのある作品ですね。
スポンサーサイト

2005.03.05 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/27-587b939a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。