上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

戦艦ポチョムキン

S・M・エイゼンシュテイン

いつかは見てみたいと思っていた映画のひとつです
例によって何の前知識もなく見ましたが、映画史に残るといわれるオデッサの階段の場面は有名ですね
映画は1905年に黒海艦隊に起こった史実をもとにつくられています
戦艦ポチョムキンの反乱に始まるロシア革命時の労働者蜂起を描いたものです
これが80年前に作られたことを思うと映画の持つ力の大きさを感じずにはいられません
この時点でひとつの映画の技法が完成していたといっても過言ではないかも
込み入ったストーリーなど何もないのですが、一人の水平の死に始まる人々の解放を望む思いの高まりをみごとに表現しています
革命をテーマにした無声の画像とショスタコーヴィチの音楽をこんなに違和感なく受け入れられるとは驚きです
まさに歴史的名作と呼ばれてしかるべき作品だと思います
スポンサーサイト

2004.05.29 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/222-25242976

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。