FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉


複線だらけでみごとに後半までもっていかれますねぇ
これじゃ推理もなにもありゃしない
犯人探しの糸口さえ見つかりません
感で犯人ではと思ったのがたまたま当たっただけで、特別な感慨もないぐらい複線と結末がつながりにくい
まじめに観ようとすると腹立たしいほど(笑)
悪く言えばシナリオが散漫というか、意味をなしにくい過剰な場面が多すぎる
そういう意味では、この映画はミステリーとして見ないほうがいいのかもしれません
人生に起こったできごとと、運命の残酷さのようなものを描いている作品とみたほうが納得がいきますね
ジミー(ショーン・ペン)とデイブ(ティム・ロビンス)のまったく対照的な人生そのものがこの作品のすべて
子供時代の落書きの場面で、デイブだけが名前を書ききってなかったところと、最後の最後にまわりから誤解されるところを線でつなぐととてもわかりやすい
この映画の本当の主人公はデイブということかな
やはりこれは原作のおもしろさをうまく伝えきれてないのではと勘ぐってしまいますね
デイブ夫妻(ティム・ロビンスとマーシャ・ゲイハーデン)をはじめとした役者のシリアスな演技はすごくいいです
ショーン・ペンの濃い演技が浮いているような気がするほどでした
役者陣の演技のよさはこの映画の特筆すべきところだと思います
ストーリーのほうは期待が大きかった分、少々残念な作品でした
スポンサーサイト

2004.07.11 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/209-54474b13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。