FC2ブログ
タイムライン


ストーリーはあまり期待していなかったので、こんなものかなという印象でした。
タイムスリップものは映画は大方このようなものでしょうか。
見るものの予想を裏切るタイムスリップ・ストーリーというのは想定しにくい。
すでに大体出尽くしている感もありますよね。
そこにあえて挑戦することに敬意を表します(笑
残念だった点をあげるとすれば、100年戦争という史実があまり生かされていないところでしょうか。
何戦争でもよかった程度の扱われ方にしかなってないところはちょっともったいないかな。
一方で意外にもよかったのが、投石機と弓矢での火の使い方。
戦争に優雅もなにもあったものではないと思いますが、火をうまく演出したこの映画を見ると、ノスタルジーさえ感じてしまいますね。
この火の使い方を見るだけでも鑑賞の価値があるかもしれません。
今年の夏に花火大会を見そびれそうな方に一押しです(笑

そのうち、100年戦争に関する本も読んでみたいものです。
スポンサーサイト



2004.08.14 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/199-118cc229