上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

ウーリー・エデル

ワーグナーの『ニーベルングの指環』かと思って借りたら、さらにその元となっている北欧神話からストーリーをもってきたものだそうです。
それでも『ニーベルングの指環』好きにはいろいろ参考になることも多くてなかなかよい映画でした。映画といっても実際にはテレビドラマだそうです。ただ、テレビドラマにしてはきちんと作りこんでいるので、映画を見ているのとさほど違わない大作といっていいと思います。
ハリウッド映画になるのかもしれませんが、『ロード・オブ・ザ・リング』などより大人向けにまとまっていて、ドラゴンなどもなかなか渋いリアリティを感じさせるもので好感をもてます。
過剰な音響もなく、音楽も最小限度のものにとどめてあり、ストーリーの邪魔をしません。もちろん、ワーグナーの楽曲とは違うものですが、映画音楽としてはこれでいいのでは。

[映画▼▼▼▼▽]
スポンサーサイト

2007.07.08 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1512-c5de4e19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。