上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

スーザン ソンタグ 、浅田彰、磯崎新、姜尚中、木幡和枝、田中康夫 他

スーザン・ソンタグという人は、実はすごくわかりやすい人なのだというのがこの本を読んだ第一印象です。視点が斬新で本質的なので複雑なことを考えているようなのですが、話している言葉で読む限り難解という印象はすぐに払拭されます。きわめてシンプルな思考に基づいて発言している人です。
本来は推敲に推敲を重ねて文章で考えを発表する人と聞いていますが、こういう場面でも自らの思うところを出していく心意気にちょっと惹かれました。自分の思考に近い人ですべてに共感を感じます。

安寧は人を孤立化させる。
孤独は連帯を制限する。連帯は孤独を堕落させる。


・フランスのレジスタンスもテロリストと言われた
歴史的認識と思考活動が大切
  歴史を十分に知らなければ、政治や世界情勢について語れるはずがない
  抽象的な用語については、言葉、単語を精査し、ある言葉を使ったらその結果、話がどんな領域に入り込むかを理解すること
・共産主義に変わるイスラムの位置づけ
・アメリカはイスラム排斥だけでない口実に、悪の枢軸に北挑戦を含めた
・世界貿易センターが標的になったのは名前によるか
・エクスタシーのもっとも信頼の高い源泉は諸芸術
・芸術は人間の尊厳や人間性の不可分な一部\r
・アメリカは共和党が体制を牛耳り、民主党は支流のひとつに過ぎない
・代替案がないことが成熟した資本主義の特徴
  価格の破壊、順応主義、公共政策への影響力行使の手段がない無力感
・情報や金融で世界をのヘゲモニーを握ろうとし、ブッシュは石油と軍需に戻そうとした
・田中康夫への賛美(日本に対する二律背反する思うを乱してくれたから)
・武力に訴えることがつねに、あらゆる状況下で、正当化しえないものとは考えていない
  ボスニアへのNATOの介入は正当\r
・911意向のスローガンの団結は、何も考えるな、愛国者であれというだけ
・サダム・フセインは非宗教的な怪物であるが、彼のあとには原理主義の政権が生まれる恐れ\r
・すべての入植地からイスラエルが出て行くべき
・近代的な共同体の真の利益にかなうことは、正義です
・W・G・ゼーバルトの思い出に - 翻訳の話
・多元的で非宗教的なことであればなんであれ指示してきた
・文学の任務のひとつは、問いを提出して、支配的なもろもろの信念に対抗する表明を構築すること
・文学は、基準を与え、言語によって、また物語によって具体化された深い知識を伝えてくれます
・美しいという陳腐な言い回しを避けるために、面白いと表現することもあっただろう。
・二度読む価値のない本は、価値がない

<覚え>\r
『ゴドーを待ちながら』 サミュエル・ベケット
『魔の山』 トーマス・マン\r

[本▼▼▼▼▽大盛]
スポンサーサイト

2007.06.24 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1485-d020e921

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。