上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

三省堂に寄ったら、堀江敏幸の新刊『めぐらし屋』と池澤夏樹の新刊『きみのためのバラ』が並んでいた。
ともに大好きな作家で、その両方の新刊に同じ日に出会えるなんて、なんと幸せなこと。
努力して読む本もあれば、今回のように単純に読みたくて仕方のない本もある。やはり、後者の本に出会ったときは読む前からうれしくなる。
ついでに立ち寄った中古レコード店で、レスター・ヤングの『プレス・アンド・テディ』を発見。そのほかにも数枚食指をそそるものが。さらに自宅近くのレンタル・ショップでケン・ローチ監督作品で2006年カンヌ・パルムドール受賞の『麦の穂をゆらす風』にまで遭遇。
連休に向けて幸先のいいスタートになりました。
スポンサーサイト

2007.04.27 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1412-28b4eb30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。