上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

アルフォンソ・キュアロン

これはですねぇ、近未来で人間の生殖能力がなくなってしまったというお話です。もちろん原因はわからないのですね。それでもって、政府軍と革命団体が争っているので、町中が戦闘状態で瓦礫の山のようになっているわけです。
そんなときに一人の女性が妊娠していることがわかったものですから、さあ大変。出産も逃亡も人類最後の子供とともにっていうんだからとんでもないことです。この子が死んだらもうあとがないと。

こんなストーリーなんですが、とにかく起承転結に欠けるというか、要は戦時下を逃げまくるだけ。最後の子供に何か意味がありそうで実はたいした意味ももたせられずお仕舞い。トゥモロー号なんてお笑いですよ。ジュリアン・ムーアもよくこんな映画に出たものです。
こういう映画がレンタル屋にたくさん並んで、amazonのレコメンドでいいといわれてしまうと世も末ですなぁ。

[映画▼▼▽▽▽]
スポンサーサイト

2007.03.26 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1376-e0d199af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。