上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




新婚旅行でも訪れたオルセー美術館の収蔵作品の一部が日本で公開されました。是非もう一度見たいと思っていたので、懐かしい絵に再開できるのを楽しみに上野まで出かけたました。
見ての感想は、期待が大きすぎたせいか肩透かしの展示会というのが正直なところ。ゴッホの「アルルのゴッホの寝室」やポール・ゴーガンの「黄色いキリストのある自画像」などの名の知れたものもあるのですが、フランスのオルセー美術館からするとほんのさわり程度。本当に楽しみたければ、現地で見るしかないのでしょうね。
今回は、初めて額入りの絵(複製)などを買ってみました。自分で描いていたせいかイミテーションにはあまり興味がなく今までこういうものは買わなかったのですが、本物でなくても部屋に絵があるのもいいかなと。買ったのはモネの「アルジャントゥイユの船着場」。モネがマネにすすめられて住んだパリ近郊のセーヌ沿いの街で書いたものだそうです。日曜日の昼下がりの情景がよかったので。これから美術展に行ったときにはこれと同じサイズのコピーを買うのを楽しみにするのもいいかなと思います。こういう安価なものをネットで売っているサイトってないですかね。
左は何の関係もないダイアーストレイツのレコードジャケットです。
スポンサーサイト

2007.02.11 | 本  | トラックバック(0) | コメント(4) |

昨日の日曜美術館でちょうどこの展覧会会場からやっていましたね。
モネの「アルジャントゥイユの船着場」のイミテーションですが、やはりポスターなどの印刷物とは違ってそれなりに筆遣いなどの凹凸まで再現されているのでしょうか?

自分は大人になってから初めてゴッホ展を見に行ったときにそのときのメインの絵のイミテーションが小さいサイズでしたがありまして、お金をけちって買わなかったことを今でも後悔しています。あまり有名ではないのでイミテーションですらどこにも売ってないのではないかと思ってます。

オルセー美術館の現地に行ったことがあるとはうらやましいです。。

2007.02.12 08:40 URL | junike #GCA3nAmE [ 編集 ]

日曜美術館ではどう言ってたのでしょう? 話題性の割にはあっけなく終わってしまう名画鑑賞という感じでした。写真や陶器などもあったのでよけいにそう感じたのかもしれません。そもそもほんとうのオルセーは結構大きいので比較すること自体が無理なんですが。
購入したイミテーションはほんとうにポスター程度で、非常に安価なものです。それでも最近の印刷はきれいなので、現物とさほど色の違いを感じませんでした。もちろん凹凸まで再現した高価なものもありましたよ。
いつも感じるのはほしいと思う絵のイミテーションが売られてないことですね。もっと豊富にそろえてほしいと思うのは私だけでしょうか。

2007.02.12 20:29 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]

一応NHKもテレビだからか悪くは言わないですね。
写真や陶器まであったのはテレビではまったく扱っていませんでした。

知らない画家の絵とか、ゴッホがゴーガン(ゴーガンって誰のことかと思ったらゴーギャンのことなんですね、しばらくわかりませんでした)に媚びたような絵(輪郭をふちどって中を平面的に塗る、パーティーか何かで人がたくさんいる作品)など、番組の後半になるほどチャンネルを変えちゃおうかなと思うくらいでした。。
テレビで見てても何か物足りなさを感じました。

イミテーションってその展覧会での代表的なもの数点くらいしかないですね。気に入ったものが必ずしも有名なものとは限りませんからね。ポストカードならそこそこそろっているかと思うのですが。

2007.02.12 22:26 URL | junike #GCA3nAmE [ 編集 ]

結局、行かないとわからないところは多いですね。これは美術展に限りませんが。
好みの問題もあると思いますし、過剰な期待はしないほうがいいのかな。

2007.02.14 06:15 URL | uota #ogz9v/Dw [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1325-6550aab7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。