上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

話題の国立新美術館に行ってきました。黒川紀章ということで、京都駅ときわめてよく似た建物。京都駅が黒に対して、国立新美術館は二子の高島屋などでも使われている淡いブルー。

    
↑建物概観             ↑1F カフェ コキーユ  

京都駅と同じように空中庭園のような台座の上にレストランが置かれています。お昼時には入店待の列がかなりの長さになってます。とくに3階の「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」はひどい混み方でした。
食事にこだわりがなければ、地階のミュジアム・ショップに併設されている「カフェテリア カレ」がお手軽でいいかもしれませんね。 

    
↑2F サロン・ド・テ ロンド     ↑3F ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

開館を記念した「20世紀美術探検」はかなり見ごたえのある企画で、有名絵画のような知名度こそないものの、物質主義ともいえる20世紀の美術を考えるにはとてもすばらしい企画だと思います。考えようによっては国立新美術館のもの(コレクション)を置かない美術館というコンセプトの対極にあるようなもので、新美術館の将来を見据えた視点に改めて感じ入ってしまいました。マテリアルにとらわれた社会ははたしていつまで続くのでしょう。

帰りは、青山一丁目に出て「246CAFE&BOOK」に立ち寄ってきました。コンセプトの明快なお店はいいですね。☆21st Century Comedyのnobutaさんによると国立新美術館のミュージアムショップの書籍のプロデュースをしている幅允孝氏がここもプロデュースしているそうです。


↑246CAFE&BOOK(店前)


↑246CAFE&BOOK(書籍売場)

YOUTUBE
1階から3階(ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ)
2階(サロン・ド・テ ロンド)から3階(ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ)
スポンサーサイト

2007.01.28 | 輪行 | トラックバック(1) | コメント(2) |

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.12 19:05  | # [ 編集 ]

遠慮なくお使いください

> 私のブログで黒川紀章さん死去のエントリーを書いたのですが貴ブログで使用の画像を4点拝借し掲載いたしましたhttp://heartattack507.blog84.fc2.com/blog-entry-832.html事前に連絡せず 申し訳ありません お許しくださぃ m(_ _)mもし不都合があれば削除します よろしくお願いします

2008.12.12 18:02 URL | uota(↓15年前?) #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1306-a50ecc10

日本を代表する建築家 黒川紀章さんが死去
今年の都知事選や参院選に出馬してた建築家の黒川紀章さんが亡くなったそぅだょ多臓器不全のため 本日(12日)午前に東京女子医大病院で死去 73歳ですた3日前に入院したそぅな...

2007.10.12 18:50 | Heart Attack

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。