上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

宮崎 哲弥

なによりも、こんなに本を読んだ著者の読力に感心。よくも読んだり1355冊。仕事をしながらの1日1冊以上のスピードは濫読王の名に恥じませんね。
社会科学専攻だっただけあってテーマは多岐に渡りますが、一冊あたりのコメントが簡潔すぎて、内容を知るには少々物足りないところ。
著者自身の満足度はともあれ、この本を読んだものにとっては、そのお手軽さが濫読のマイナスにしか感じられないようなところが残念。なんだか受験のための勉強みたい。同じ著者の『新書365冊』にも同様の印象を受けたので少しもったいないですね。

<覚え>
『憲法と平和を問い直す』
『狂気と犯罪』
スポンサーサイト

2007.01.06 | 本  | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1275-b233122b

宮崎哲弥
宮崎哲弥宮崎 哲弥(みやざき てつや、1962年10月10日 - )は日本の評論家。福岡県出身。工業高校卒業、早稲田大学教育学部中退、慶應義塾大学文学部社会学科卒業後、

2007.01.16 05:09 | まなかのブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。