上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

ヤコブ・アーロン・エステス

子供の世界には大人の考えの及びもしないところがある。怖いものを恐れているようで、自らの怖さにさえ気がついていない。生きることの本能が無防備な意思を動かしていくように。純真さと無知のつくるある瞬間が人生の入り口に大きく口をあけている。
きれいな自然が突如荒れ狂うように、思いがけないことが潜む子供時代。そこは愛情と憎悪が入れ混じり世の中の真実というものがつくられていく。
ありそうでない、けれどだれもが感じたことのある青春のある時期を見せる作品。どこ子の気持も無垢な思いでいっぱい。だれも悪くないのに誰かが傷つき堕ちていく。
エンディング近くからなかなか考えさせられます。『スタンド・バイ・ミー』のダークサイドのような映画でした。

[本▼▼▼▼▽]
スポンサーサイト

2006.12.10 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1244-79f12dff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。