上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

アゴタ・クリストフ(堀茂樹)

『悪童日記』3部作のアゴタ・クリストフの自伝です。
自伝のわりに極端に薄い。この潔さがいいです。ねちねち何かにすがって生きていくようなことのなさそうなアゴタ・クリストフらしい。
まちがいなく自伝ではあるのですが、単なる記録ではなく、ひとつの文学作品にもなっていておどろきます。期待した以上にいいです。
ストイックでクールな筆致の裏に秘められた温かさがここでも感じられます。 『悪童日記』を読まずして『悪童日記』を読んだような気になってしまいました。
文字を読めて書けることの幸せも感じられる一冊です。

[本▼▼▼▼▽汁だく]
スポンサーサイト

2006.12.06 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1239-c2de8a68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。