上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

山崎 曜

本は読むもの。これが嵩じると本は書くもの、作るものとなるような気がします。いつかは表現する側にまわりたいと。
アナログの温もりがテキストの味わい方を変えてくれそうな期待もあります。
もともと消費するより生産するほうに喜びを感じるほうなので、いずれは本をつくってしまいそうな予感があります。手はじめに、自分の撮った写真あたりをコンテンツにするのもいいかも。
本のつくり方についてはいろいろな指南書があるようですが、これはいろいろなノウハウを平易にまとめたものです。

<覚え>
手製本を楽しむ
趣味の本づくり―合本・改装本・革装本・特装本
本のつくり方―和本・洋本・帙・函
手づくり製本術―自装本を楽しむ
製本
ワープロで私家版づくり―編集・印刷から製本まで
製本加工はやわかり図鑑
私だけの一冊を作る
http://www.geocities.jp/ryou_tanoue/

[本▼▼▼▽▽大盛]
スポンサーサイト

2006.12.07 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1236-b6bbe0cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。