上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

ジム・ジャームッシュ

ビル・マーレイでもっている映画という感もありますねぇ。ジム・ジャームッシュは『ストレンジャー・ザン・パラダイス』の印象が強すぎて、それ以降はいまひとつ。画面が暗くなるところが懐かしくはありましたが、それもいまさらだし、カラーで同じことをやるのはどうかな。
『ライフ・アクアティック 』、『ロスト・イン・トランスレーション』などに比べると、ビル・マーレイを無駄遣いしていると思わざるを得ないですねぇ。もったいない。
いい年になって過去の女遍歴に翻弄される男というのはおもしろい設定なのですが、これも作品として生かしきれていないのが残念。
エチオピア音楽にジム・ジャームッシュの持つ個性を感じるなんているのは眉唾と思うべきではないでしょうか。

[映画▼▼▼▽▽大盛]
スポンサーサイト

2006.11.24 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1223-497c557f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。