上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

荻上直子

奥様大絶賛のロハス映画です。北欧ならなんでもいいらしい。私はどうかというと理解不能(笑)
小林里美と片桐はいりともたいまさこがですよ、ロハスじゃないでしょう。どうしてキャラがこんなに立っているんでしょう。キャラ勝負じゃあいけないような気がするのですが。
それにしてもこの生活感のなさが癒しなのかな。そうとしか思えないなぁ。環境ビデオみたいなもの?『過去のない男』のマルック・ペルトラが少し味をつけてますけどね。それならアキ・カウリスマキを観たほうがいいしなぁ。
群洋子の原作はどうだったんでしょう。

[映画▼▼▼▽▽]

スポンサーサイト

2006.10.07 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1177-0704e1fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。