FC2ブログ
amazonへ

データ

ブルース・ウェバー

ブルース・ウェバーは写真家なのだそうです。どんな写真を撮る人かはよく知りません。有名みたいです。
トゥルーという愛犬に語りかける構成で、途中犬の出た映画が盛り込まれます。なにが語られるかというと、犬への愛情と社会や政治にたいする問題意識。ブルース・ウェバーの2面性を見せられている感じです。ただ、それらは映像としてつながれるだけで、全体は懐かしい古きよき時代のボーカル曲が流れ、何かに向けての郷愁のようなつくり。
勝手に撮りたいものを撮っただけという感も否めないですね。流れるような映像はきれいなんだけど、全体でなにがあるかといわれるとさっぱりわからないという作品でした。

[映画▼▼▼▽▽]
スポンサーサイト



2006.09.04 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1141-adda17a9