FC2ブログ
amazonへ

データ

ティムール・ベクマンベトフ

光と闇が戦うのだそうですが、日本的には共存というか補完すべきところですね。
なんでも善悪でわけてしまうのは、あまりよくない傾向であります。
とても無駄が多く意味のない映画です。
あらためてハリウッドのすごさを痛感するためにはいいのかな。

[映画▼▽▽▽▽]
スポンサーサイト



2006.07.09 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1078-0e9c367a