上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

吉田 修一

温泉に行くか行こうとする老若を問わないカップルの短編集。どうやら温泉というのは日常を離れ人の心までを裸にするらしく、温泉旅行をめぐっての男女関係の機微がおもしろい。力を抜いて温泉気分でいると、ときどきドキッとする場面が出てきて目が覚める。「東京40度」あたりの話の作り方は吉田修一ならではの醍醐味でしょうか。
『春、バーニーズで』に似たような雰囲気の話を集めた印象です。『女たちは二度遊ぶ』と小説の構成が似ているのが残念。女たちは二度遊ぶ』のほうが全体の構成の妙に勝り、個人的には好きです。

[本▼▼▼▽▽特盛]
スポンサーサイト

2006.07.08 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1075-87ba5937

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。