上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

向井 透史

古本屋さんの日常を小さな物語風エッセイにしてみせた1冊です。
著者は早稲田の「古書現世」の二代目主人。
古本屋さんの生活やその周辺で起こりそうなことがほんのりと香るようです。こんな生活もいいなぁと思います。
ただ作品としてみた場合、素人芸の域から出てないかなぁ。まだ、若いから古本のような深みのあるものは書けないということか。

古書現世店番日記

[本▼▼▼▽▽]
スポンサーサイト

2006.05.29 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1049-f08f4eb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。