FC2ブログ
amazonへ

木村 伊兵衛

生まれる前のパリ。1954年。
フジカラーフィルムが市場に出たばかりのころだという。その色合いに見せられてコダカラーではなくフジカラーを持参したらしい。
どの写真もがかならずしも美しいわけではないけど、ページをめくると当時の空気が感じられてくる。美も醜もあって世界は形作られる。
感度の低いカラーフィルムはシャッタースピード10が標準。ぼけている写真もなっとくがいく。制約のある世界。それはそれで美しい。
カメラはあのM3。さぞや発売されたばかりのM3に心ときめいたことだろう。

[本▼▼▼▽▽大盛]
スポンサーサイト



2006.10.31 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://slowfish.blog9.fc2.com/tb.php/1017-ff8d618a