FC2ブログ
amazonへ

データ

ハインツ・ビュートラー

この映画がTSUTAYAのレンタルで並ぶとは思いもしませんでした。でも、かろうじて1本だけ。
93歳のアンリが、自らの写真について語ったドキュメンタリーなのですが、とにかくたくさんの作品が出てきます。そのどれもがすばらしくて出るのはため息ばかり。
最初は、こんな写真を撮りたいと思いながら見ていたのですが、だんだん諦め気分になってしまいました。とても撮れないですね、こんな写真。一瞬に切り取られた完璧な配置と構図。これに被写体の絶対的な表情や動きが重なる。もうこれは完璧。
彼の目の動体視力がすごいのか、図形処理能力が高いのか、頭の回転が速いのか、もしや風景画スローモーションで見えるのではと疑いたくなるほどです。
一般的な映画としてみるとどうかと思いますが、アンリ・カルティエ=ブレッソンが好きな人は必見ですね。
コレクターズ・エディションを買いたい衝動が...

[映画▼▼▼▽▽大盛り]
スポンサーサイト



2007.04.05 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) |