FC2ブログ
amazonへ

データ

スン・ハイイン

文化大革命の1970年代から現代までを、毛沢東、四人組、小平などのニュースを交えながら一機に駆け抜ける。
近くて遠い親子の関係をテーマにしているのですが、朴訥とした人たちと静かな街の様子が中国の姿をとてもうまくとらえているように感じます。何の脚色もない素のままの中国の姿を初めて見たような気がします。
それにしても中国はこんなにも激しい変化をしているのですね。父と息子の関係も歴史の通り抜けた時間以上の隔たりと堆積を感じるもので、言葉にできないほどに感じるものがありました。

[映画▼▼▼▼▼]
スポンサーサイト



2007.02.16 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |