FC2ブログ
amazonへ

小山 薫堂

これを書評で推薦していた人ってだれだったかなぁ。どこをよいと言っていたんだっけ。わからない。
とってつけたような短編ばかりで、どれもが鼻について仕方がない。表題作なんて素人にでも書けそうな話。最後まで読まずに投げ出したのも久しぶりだなぁ。

[本▼▼▽▽▽]
スポンサーサイト

2006.10.18 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |