FC2ブログ
amazonへ

今邑 彩

さほど期待していたわけではないので、おおよそ予定通りの満足度でした。
ストーリーはほどほどに入り組みがあったりするのですが、いかんせん架空すぎる無理なつぎはぎで納得できるリアリティには欠けます。
なかでもお母さんのキャラクターの作りこみは失敗では。すべての要になるはずのこの人がいまひとつなのでどうしようもないように思います。
一方で、自分自身の兄弟関係を考えてしまうようなところもあり、小説としてよりノンフィクション的なところが印象深く残りました。
カインとアベルつながりで、今まで観る機会のなかった『エデンの東』にも興味を持ちました。

[本▼▼▼▽▽大盛]
スポンサーサイト



2006.08.02 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |