FC2ブログ
amazonへ

データ

ミロス・フォアマン

観始めてすぐに、以前観ていたことに気づいてしまった。これだけ有名で印象的な映画をわすれていたことが不思議。映画にさほどの興味がなかったよほど昔に見たのかもしれません。
精神病院の不条理な管理体制を疑問を投げかける作品です。何が正しくて、何が間違っているのかを観るものに問いかけてきます。何をもって異常とするのか、社会のルールに会わないものをすべて異常とみなしてよいのか、ルールはいったい誰のためにつくられているのか。
この映画を観ると、今手にしている自由がどれほどの犠牲のもとに勝ち取ってきたものかについて考えさせられます。自由でいられるほど幸せなことはないですね。
それにしてもジャック・ニコルソンをはじめとした役者陣のうまいことといったらありません。異常なようで普通に見える演技は絶品です。

[映画▼▼▼▼▼]
スポンサーサイト



2006.01.01 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |