FC2ブログ
amazonへ

トルーマン カポーティ

おばあさんと暮らしたバディ少年の思い出話。
おばあさんの様子があまりに純真無垢で、その清らかな生き方に心を洗われるようです。
消え入るようなエンディングがとても美しいです。
クリスマス前の今読むのにちょうどよい短篇ですね。
翻訳は村上春樹、お手伝いは柴田元幸さんです。

[本▼▼▼▼▽]
スポンサーサイト



2005.12.20 | 本  | トラックバック(0) | コメント(0) |