FC2ブログ
amazonへ

Henri Cartier-Bresson

カルティエ=ブレッソンの写真を見たことのない人はいないのかもしれない。
それほど多くの人に愛される写真家。
昨年、京都に行ったときに偶然通りかかった「何必館 京都現代美術館」で「カルティエ=ブレッソン展」が開催されていた。
時間がなく鑑賞できなかったことが今でも悔やまれる。
ライカを手にした今、彼のような写真を撮りたいという思いが募ります。
はたしてそれはいつのことかな。

[本▼▼▼▽▽]

<br />クリックで拡大表示
(クリックで拡大)
MINOLTA DiMAGE X20
スポンサーサイト



2005.08.19 | 本  | トラックバック(0) | コメント(2) |