上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

amazonへ

データ

ケリー・コンラン

セピアカラーのバットマンといった感じのオープニング。
レトロな味わいはいいのですが、なんだかお子様向けのつくり。
ちょっと漫画テイストを意識しすぎて失敗か。
いろいろなCGに必然性をまった感じないのは残念。
残念ながらデザインが悪すぎ。
コンラン兄弟、だいじょうぶ?
庄野晴彦のGadgetのほうがずっといいし、ナウシカやラピュタみたいなイメージも。
作品は、インディージョーンズみたいだし、セブンイヤーズ・イン・チベットかとも...いや、ジュラシックパークか。
音楽はと言えばスターウォーズのパクリ?
もはや支離滅裂な世界。
これをパロディとして見ろと言われてもねぇ。
いやはや、ジュード・ロウもアンジェリーナ・ジョリーもご苦労様でした。
それで、これはいつの時代でしたっけ?

オフィシャル・サイト
スポンサーサイト

2005.05.31 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。