FC2ブログ
amazonへ

データ

マイケル・マン

夜のLAをいいムードで見せてくれる映画でした。
ただ、映画としては得るものなしかな。
悪役も悪役になってないしね。
トム・クルーズの作品でハズレと思ったのは初めてかもしれない。
この映画を見て、彼はほんとうにシリアスな役柄はできないかもしれないと思いました。
これまでの映画を思い出しても、いずれも漫画チックなものが多いような。
結局いい人なのね。

ジェイミー・フォックスもあまり作品に貢献してないようだし。
スポンサーサイト



2005.04.12 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |