FC2ブログ
気がつけば、すでに第二回本屋大賞が発表になっていた。
作る側の出版社の選ぶ芥川賞、直木賞に対抗する売る側の文学賞として興味がつきない。
いずれも売れそうな作品が並んでいておもしろい。
1、2回ともに新潮社が取ったというのも決して偶然ではないような気もする。
本の雑誌色が強いのは、第一回と同様ちょっと気になりますが、これはご愛嬌ですね。
ラインナップを見ると、たまたま読み始めていた 『明日の記憶』が2位に入っていた。
仕事終えて早く読書に耽ろう。

  1位 『夜のピクニック』 恩田陸 【新潮社】 374点
  2位 『明日の記憶』 荻原浩 【光文社】 302点
  3位 『家守綺譚』 梨木香歩 【新潮社】 274点
  4位 『袋小路の男』 絲山秋子 【講談社】 185点
  5位 『チルドレン』 伊坂幸太郎 【講談社】 155点
  6位 『対岸の彼女』 角田光代 【文藝春秋】 153点
  7位 『犯人に告ぐ』 雫井脩介 【双葉社】 138点
  8位 『黄金旅風』 飯嶋和一 【小学館】 102点
  9位 『私が語りはじめた彼は』 三浦しをん 【新潮社】 92点
 10位 『そのときは彼によろしく』 市川拓司 【小学館】 74点
スポンサーサイト



2005.04.07 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |