FC2ブログ
<br />クリックで拡大表示
聖橋より (クリックで拡大)


御茶ノ水は電車も川も道路も人々の生活も時間も縦横に重なり交差する街。
東京の縮図のような景観が印象的です。
「お茶の水渓谷」とも言われるこのあたりは、徳川家康の時代に神田山(丘陵)を切り開き作られたところ。
人工の水路である神田川を取り囲むように街並が立体的に形成されています。
周辺の文化的な遺産や商業集積などもあわせて、私のお気に入りの場所のひとつです。
スポンサーサイト



2005.02.05 | 写真 | トラックバック(0) | コメント(0) |